つくばね

牛込地区のおはなし

筑波山,徳川慶喜,百名山,霞ヶ浦,学園都市,研究都市,つくば,旅行,写真,加波山,天狗党,カメラ,八丈島,阿見町,原島栄喜

 私の住んでいる茨城県 阿見町 (つくば学園都市から15kmくらい南。霞ヶ浦の近く) から霞ヶ浦のほとりに沿ってのびる国道125号線を東に走ると、競走馬のトレーニングセンターがあることで有名な美浦町に入ります。

 

美浦町にはいるとすぐに「木原」という交差点がありそこからこんどは県道120号線で湖畔の道路を10分ぐらい走ったところに「牛込」という地名の集落があります。 このお話は今から約千三百年くらい前、大化改新の後にあったといわれる言い伝えです。

 

 このころの霞ヶ浦は現在の形と大きく異なり、現在の川、沼、湖が内陸部に深く入り込んで「水郷」と呼ぶにふさわしい状況でした。現在の高台をのぞいて他の土地は数々の島や浅瀬となり、水草の生い茂る場所でした。 

 

 都から地方へ旅するときの便をはかって幾つかの大きな道ができておりましたが、その道の一つの「東海大道」は現在の茨城県竜ヶ崎 ? 江戸崎 ? 美浦 ?(船で)? 出島 ? 陸路に接続 という経路でした。

 

その正確な道筋は諸説あってはっきりしないところもありますし、きっと長い歴史の中ではコースが変わったこともあるでしょう。

 

 あるとき勅使さまが家来を従え、茨城県石岡市(当時の常陸の国府)へむかって、はるばる遠い都からこのコースを旅してきました。 当時は馬ではなく牛を使い、それにまたがったか、それとも牛車を用いたのか、私にはわかりませんがとにかく牛と家来を連れて長い長い旅の末、やっとコース半ばにある現在の美浦町馬掛(まがき)までたどり着きました。 

 

ここからは船を使うため勅使様は召し牛を里の人にまかせ、船に乗って対岸の玉造町へ渡ってゆきました。 里の人はその牛を勅使様の帰りまで大切にあつかおうと世話をしておりました。

 

しかし長い旅を一緒に共してきたこの召し牛はこの美浦の町に来るまでにすっかり勅使様になれてしまい、対岸に渡ってしまった勅使様が忘れられず、帰りを待ちきれないでとうとうある夜に勅使様の後を追って霞ヶ浦に飛び込み、対岸を目指して泳ぎ初めてしまいました。

 

驚いた住民が牛をさがしてみると、なんと対岸の玉造町の岸辺に力つきた召し牛の亡骸があるのをみつけました。集まった人たちはこの主人を慕って後を追い、力つきて死んだこのけなげな牛をたいそう哀れに思い、牛の流れ着いてきたところのそばに塚を作り牛の霊をまつりました。

 

 いつの頃からかその牛が主人を追って水に飛び込んだあたりを牛込、流れ着いた対岸を牛渡とよぶようになりました。 この地名は今でものこっており、地図などで確認することができます。

 

取材開始

 と、このような大変可憐な牛さんの昔話があったため、現地も近いし早速美浦の牛込に取材を敢行いたしました。 時は平成10年2月14日の土曜日、巷ではみな長野冬季オリンピック番組に熱中している頃のおはなしです。

 

 牛込までは自宅から大体15km。 都会にお住まいの方は15kmというと随分遠くに感じるかも知れませんが、ここ茨城県は北海道に次いで道路の総延長が長い県で、かつまた大変走りやすいためあまり時間はかかりません。 おおむね20分で現地着。 写真でもわかるように牛込地区は数十軒の歴史ある家が集まったところで、周囲を田圃に囲まれ南に霞ヶ浦、北に国道120号線が走っています。 この集落の中をあるくと大変由緒正しそうな立派な旧家をたくさん見ることができます。

 

 愛車を適当な広場に停め、カメラをぶらさげながら町の中を徒歩でぐるっと散策してみたのですが、残念ながら上述の昔話に関係のありそうなものは見つけることができませんでした。 「まあ千年以上前の話だからしょうがないか」と思い、帰りかけて車にむかって歩いていると、遙か彼方の田圃の中から中年の男性が何か声を掛けてきました。 農作業に従事している最中にしてはカラフルなシルクのしゃれたシャツにおしゃれなズボンをはいている。 

 

その男性と話をしてみると、この地区にも研究所(別荘?)を持つ東京在住で(広い意味の)環境科学の研究者Mさんで、湖水を浄化、活性化する研究をしているほか写真集も出しているという多彩な方であった。 親切にも自宅にある数多くの研究成果を説明していただいた後、なんと金5000円也の氏の写真集まで記念として頂いてしまいました。

 

本当はここで氏の紹介をするべきなのでしょうが、M氏曰く、土日はここでのんびりしたいのであまり私のことは具体的に紹介しないでくださいとの事。 大変残念である。 またM氏は大変若く(どーみても45?せいぜい50歳ちょうどくらい)見えるのですが実は60歳とのことで大変たまげてしまいました。


牛込地区のおはなし関連エントリー

牛込地区のおはなし
日本百名山である筑波山を中心に霞ヶ浦、学園都市とその周辺の風景、歴史、民話、行事などを写真と旅行記で紹介するページです。
陸平貝塚のおはなし
日本百名山である筑波山を中心に霞ヶ浦、学園都市とその周辺の風景、歴史、民話、行事などを写真と旅行記で紹介するページです。
筑波山の誕生伝説 ?常陸国風土記?
日本百名山である筑波山を中心に霞ヶ浦、学園都市とその周辺の風景、歴史、民話、行事などを写真と旅行記で紹介するページです。
弁天にふられた道祖神
日本百名山である筑波山を中心に霞ヶ浦、学園都市とその周辺の風景、歴史、民話、行事などを写真と旅行記で紹介するページです。